<< 音、もうひとつの物語(その2) 音、もうひとつの物語(その1) >>

先行上映会のドキドキ

DDセンターの藤岡です。

1月28日・29日の二晩、映画館ユーロスペースさんのご好意で、特別に先行上映会を開催しました。マスコミ試写会は満席に次ぐ満席で、噂を聞きつけた一般の方々から聞こえてきた「早く見たい!」との声を受け、ロードショー前はなるべく見せない、というアート系映画業界の常識を覆し、やってしまいました。
映画評や記事がまだほとんどマスコミに出ていない(公開直前にドッと出るように、宣伝マンが調整してくれるのです)ときに、数百枚のチラシとホームページだけでどれだけの人が来るのか? 平日の夜11時終了という遅い時間で? ロードショーと同じ有料料金で? 

結果、140席がいっぱいになる、というわけにはいきませんでしたが、両日とも安定した動員で、しかも熱い感想のアンケートが手元に残りました。

ビンアイさんはまだ生きていますが、私は言いたい。「あなたは骨身を惜しまず、よく夫やこどもの面倒を見ましたね。そして、理不尽な政府の要求に身をもって抵抗しました。あなたのような人が中国を少しずつでも風通しのよい住みやすい国にしていくのだと思います。娘さんと息子さんはお母さんとお父さんの姿を見て力強く生きていって欲しいです。」

ジャ・ジャンクーの『長江哀歌』を観ていたので、そこに生きている人たちの「現実」を知ることができるかしら?と思って観たのですが、こんなにも横暴で非情な「現実」だったなんて…。私だったら、彼女のように抗うことができたかしら?強く生きていくしかない女性の姿に、「負けるな!加油!」と心から送りたいです。


それにしても。本番のロードショーまであと一ヶ月ですが、上映をする度にドキドキ度が上昇する気がします。この映画が一般のお客さんと出会っていくことを、強く意識するようになっているのでしょう。何人くるだろう、どんな人が来るだろう、おもしろく感じてくれるだろうか、部屋は寒くないだろうか、音量は十分だろうか。
c0185096_1734441.jpg

先行上映に来てくれた方には、出口でささやかなお礼をさせていただきました。インフルエンザが流行っています。皆さんにもビタミンCと秉愛の生きるパワーを!
[PR]
by bingai | 2009-02-06 17:36
<< 音、もうひとつの物語(その2) 音、もうひとつの物語(その1) >>